ゆるりらOblivion+
PC版 Oblivionと他ゲー
≪06月   2017年07月   08月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
顔移植に関して
お気に入りのNPCの顔をいただいてしまおう。
~Wrye Bash 顔移植覚え書き~

よくある質問wiki等参考にさせていただきました。

今回はMartin
Image226.jpg


移植したいキャラと同じ種族のセーブデータを用意
わからない場合はCSでOblivion.esmを読み込み確認
*Race(種族)にチェックを入れるので、種族が違っても移せましたが;
 

Wrye Bash起動
Image221.jpg
Savesの一覧から、移したいセーブデータの上で右クリック
出てきたメニューからImport Faceをクリック

Image222.jpg
ファイルの場所を聞かれるので
_:\Program Files\Bethesda Softworks\Oblivion\Data 内のOblivion.esmを開く
*NPCではなくセーブデータ間の移植であれば、ここで希望のセーブデータを選べばおK
 念のためバックアップは忘れずに・・・

Image223.jpg
お目当ての彼の名前を探して選択
(右下のチェックは何を移植するか選択できる)
Importを押して終了

Image224.jpg

・・・少々整えてコンパニオンにしようかな。
CompanionShareRecruitでもいいんだけど、
これ以上コマンド増やしたくないし、Martinはメインクエの重要人物だしね・・・( ´・ω・`)

タマネギの場合はウッドエルフでキャラを作り、esmを読み込んで
Adoring Fanを見つければいいわけです。


●もう一つの移植方法

セーブデータ間のフェイスデータ移植は、こちらで充分です。

ElderFaceLift

フェイスデータのコピーです。
環境が違うと別人になるかも・・・

確かこちらは、移植後に目や髪型をshowracemenu等で変えてあげないとだったかな?

使い方は簡単
exeをダブルクリックして起動させます。

Image227.jpg

上・・・希望するセーブデータ(read)
下・・・上書きしたい自分のセーブデータ(write)
それぞれLoadを押してessファイルを選択、最後にOKを押すだけです。

*セーブデータのessとobseファイルを間違えないように。
*殆どの方がわかっているとは思いますが、公開セーブデータでPlayする事は難しいです。
 これはゲーム内環境が人それぞれ違うためです。


●顔色のみを移植したい場合
なるりびおん様で解説されているEssModが便利です。
なる様の解説記事

上書きしたいデータを選んで
該当の項目のみポッチして
希望の顔色キャラのデータ読み込むだけです。

人によってはちょっとした環境の下準備が必要になりますが、かなり便利なツールです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。